四万十川川遊び高知県のキャンプ場

四万十川支流にある秘境の無料^^キャンプ場/久木ノ森山風景林!

四万十川
スポンサーリンク

高知県高岡郡四万十町大正地区には、四万十川支流の中津川が流れています。中津川沿いにある久木ノ森山風景林(くきのもりふうけいりん)に、秘境キャンプ場があります。ここは、11月上旬から11月中旬にかけて美しい紅葉が見られるほか、夏にはキャンプ、アマゴ釣りなどの川遊びができる格好の場所です。

久木ノ森山風景林は、平成13年に、旧大正町が「2001年の森」として購入した中津川の渓谷沿いに広がる約16万㎡の自然木で構成された森林です。

 

ブログ村に参加しています。よろしかったらポチッと。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

場所・アクセス

場所:高知県高岡郡四万十町大正中津川(標高約231m)
利用料:無料
問合せ:四万十町大正地域振興局地域振興課(0880-27-0111)

高知自動車道から行った場合は、四万十町中央ICで降り、国道56号線、国道381号線、国道439号線を経由して約38㎞(車で約1時間)です。

スポンサーリンク

行き方

四万十町窪川地区で国道381号線に分岐し「宇和島、江川崎」方面へ約27㎞行くと、下の分岐がありあます。
ここは、左に曲がると国道381号線経由で「宇和島、江川崎」方面です。
ここを(国道439号線へ)「天狗高原、梼原」方面へ直進します。

 

国道439号線を4~5㎞行くと下の分岐があります。ここを直進すれば梼原町方面で、右折すると中津川です。ここを右折します。

 

 

国道439号線の分岐から2㎞ほど走ると、左側の山肌に湧水がありました。家内はこれを見逃しませんでした。早速止まって湧水をチェックです。弘法大師万病の薬生命の水をと書かれていました。

 

 

 

湧水から国道439号線を3㎞ほど走ると、下の写真の分岐があります。ここを右折すれば、久木ノ森山風景林まで約1.5㎞です。

 

 

この国道439号線の橋の下をくぐります。

 

途中に何カ所かがありました。ここは「おおはし淵」です。

 

 

 

さらに奥へ行くと、東屋のような建物がありました。この前でもキャンプができそうです。

 

その脇に川の方へ降りられる山道があり、ここを入ると「よこ淵」という淵があるようです。

 

 

よこ淵を過ぎると目的地は直ぐでした。この看板が迎えてくれました。到着です。

 

広告

スポンサーリンク

キャンプ場の全景

駐車スペース

駐車スペースは道沿いにあります。サイトまで車で降りることもできます。 駐車場からサイトまでは30mほどですので、駐車場から荷物を降ろしてもそれほどは苦労はしないと思います。

 

 

久木の森の水

道路沿いにある駐車スペースのそばに湧水がありました。土佐の名水40選にも選ばれている久木の森の水です。生水でも飲めると思いますが、念のため、飲用の際は煮沸した方が良いでしょう。

 

 

家内はこの湧水もチェックしていました。家内の印象は「硬水かな?」でした。なんで足を上げているのか意味が分かりません。

 

案内マップがあります。

 

 

キャンプ場入口

テントサイトの中を川までコンクリート舗装の道路が通っています。入口付近には苔があるので注意して下さい。

 

AC電源がありました・・・

なんとこんな奥地の秘境の地のキャンプ場AC電源がありました。扉はノブを回せば開きます。

 

コンセントは3口ずつの計6口です。

 

500円で100分です。100円硬貨専用なので、利用する方は、100円硬貨を準備して行ってください。

 

 

テントサイト

すぐ前に中津川

車道からコンクリート舗装の道路を降りると、左右にサイトがありあます。通路の下は中津川です。

 

川の手前に浮き輪を置いていました。もしもの時のためでしょう。

 

 

通路右側(上流側)

コンクリート舗装の通路の右側のサイトです。こちらは川から近くロケーションが良いですね。
大きなテントは張れないかもしれません。ソロテントなら問題なしです。

 

 

 

 

 

ここが最高のロケーションでしょう。

 

通路左側(下流側)

通路左側のサイトです。小型車なら通路からサイトに入れるかもしれません。

 

入口の所が平らで若干広くなっています。その奥にサイトが広がっています。

 

 

 

 

 

かまどがありました。直火ですね。

 

 

サイトの上を見てみました。木々の枝葉の間からちょうどの日光が降り注いでいます。

 

 

中津川の水面はまるで逆さ富士

中津川は、四万十川の第一支流である梼原川の支流です。水の透明度の高さは最高です。
山と水面両方が入る風景を写真に写して驚きました。肉眼では水面に山の風景は映り込んでいないのに、カメラで撮影してみると、水面に見事に山々の美しい風景が映り込んでいました。まるで逆さ富士でした。

 

 

 

 

そんな中津川で戯れる家内です。浮き輪を持ってきて何をするのかと思いきや、浮き輪を自分の横に置いて「ねえ、いい感じでしょう~」意味が分かりません。

 

 

広告

 

トイレ

トイレはテントサイトの奥にあります。新しくて綺麗です。予備のトイレットペーパーも完備されています。
トイレに近づくと、自動で室外と室内の照明が点灯するので夜でも安心です。

 

トイレは「簡易水洗」です。写真右下にちょっと写っていますが、「手洗い」があります。

 

 

多目的トイレがあります。

 

 

トイレのそばの地面に「量水器」がありました。トイレには水道が来ているということですね。湧き水が不安な方は、手洗いの水道水をどうぞ。

 

注意事項

温泉

ここは秘境の地です。周辺の市や町にある温泉とは何十㎞も離れています。

 

スーパーマーケット・コンビニ

周辺にスーパーやコンビニはありません。高知道四万十町中央IC方面から行く方は四万十町の街中で、四万十市江川崎方面から行く方は、江川崎地区あたりで買い物を済ませて出掛けて下さい。

 

まとめ

こんな秘境の地にあるキャンプ場が最高です。静かですしロケーションも最高です。ぜひ行ってみて下さい。

 

ブログ村に参加しています。よろしかったらポチッと。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

(Visited 2,201 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました