キャンプ飯/くにきち食堂

ふき味噌^^を作りました/鏡川源流憩いの広場で摘んだふきのとう!

キャンプ飯/くにきち食堂
スポンサーリンク

高知市北部、土佐山地区の「鏡川源流憩いの広場」でデイキャンプをした際、ふきのとうを見つけました。「ちょっと育ちすぎ?」という感じではありましたが、摘ませてもらって「ふき味噌」を作ってみました。

 

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

デイキャンプでふきのとうを発見

過日、デイキャンプに行った「鏡川源流憩いの広場」です。ここで、ふきのとうを発見しました。

 

こんな感じで、すでに茎ができて成長している感はありますが、まだ大丈夫です。
これより成長しても、ふきのとうは食べられます。

 

 

珍しがりの家内、早速摘みはじめました。

 

ふきのとうの毒性

ふきのとうに毒性はないか調べてみると・・・

根の部分に「ペタシテニン」という肝毒性が強い物質が含まれ、食べ過ぎると肝臓の病気を引き起こす可能性がある

対策:アク抜きをする必要があります。でも、少量であればさほど問題はないようです。

 

「雄花の花粉」に、アレルギー反応を示す人が稀にいる

見分け方:黄色っぽい花をつけるのが「雄(オス)」で、白っぽい花をつけるのが「雌(メス)」

 

誤食による中毒

ふきのとうに似た植物で、「ハシリドコロ」という「嘔吐、下痢、血便、瞳孔散大、めまい、幻覚、異常興奮」などを起こす、芽吹いたばかりのふきのとうとよく似ている植物があるようです。

 

花びらを取り除きました

雄花か雌花かよく分かりません。いっそのこと、花びら全部を取ることにしました。

 

 

 

根っこ側はこのとおり、家内が知ってか知らずか、茎の途中で摘んでいるので大丈夫そうです。

 

花びらを取り除きました。

 

 

下ゆでしてあく抜き

たっぷりの水を火にかけ、塩(小さじ1)を入れます。

 

ふきのとうを茹でます。

 

茹で上がったら、水に浸してさらにあく抜きをします。
1時間程度水に浸し、水を変えてさらに浸します。これを3回ほどやりました。

 

水切り

あとは水切りです。ザルに取って一晩おきました。

 

 

十分に水が切れた感じです。

 

 

みじん切り

みじん切りにします。

 

 

 

 

 

しんなりするまで炒める

みじん切りにしたふきのとうをしんなりするまで炒めます。

 

 

味噌だれを加え水分をとばす

味噌だれの作り方

味噌:大さじ4(赤味噌3、白味噌1)
みりん:大さじ2
砂糖:小さじ1

味噌だれを絡めます

味噌だれを炒めたふきのとうに投入。

 

 

 

水分が飛ぶまで火にかけます。

 

できあがりです。

 

 

 

まとめ

「えぐみ」があるかと思いきや、全くありませんでした。ご飯にのせると、食欲が進みました。
是非、試してください。

(Visited 277 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました