高知県幡多郡三原村/市野瀬川沿いの秘境にある無料^^の三原キャンプ場!

川遊び
スポンサーリンク

高知県宿毛市と土佐清水市に挟まれた山間の三原村に、無料で年中利用できる三原キャンプ場があります。ここは、下ノ加江川と合流して土佐湾に流れる市野瀬川の川原にあり、木陰を吹き抜けるさわやかな風と清流のせせらぎがとても心地良く癒される場所です。

 

ログ村に参加しています。よろしかったらポチッと。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

場所・アクセス

場所:高知県幡多郡三原村下長谷
問合せ:三原村商工会(0880-46-2437)
料金:無料
年中無休

高知自動車道四万十町中央ICから国道56号線、県道21号線(土佐清水宿毛線)を経由して約78㎞(車で約90分)

 

スポンサーリンク

行き方

国道56号線を四万十市方面から宿毛市方面へ行くと、平田地区で三原村方面への分岐(県道21号線)があります。ここを左折です。目印は、この分岐の案内表示と角にあるローソンです。

 

宿毛市の市街地方面からだと、ここを右折です。

 

ローソンを左に見ながら山間に入っていきます。

 

 

国道の分岐から10㎞ほど走ると、右側に三原村役場が見えてきます。ここを直進します。このあたりまでずっとセンターラインのある快適な道路です。

 

三原村役場前を過ぎて数キロ行くと、一部こんな道路の区間があります。

 

センターラインのない区間を2キロほど走ると、再びセンターラインのある道路に出ます。
キャンプ場への分岐にはこんな案内表示があります。
この土佐清水方面への案内表示のすぐ向こうに分岐があります。その先数十メートルのところに紛らわしいキャンプ場への案内板がありますが、そこまで行ってしまうと行き過ぎです。私たちも一度行き過ぎてしまって向こう側(土佐清水市下ノ加江方面)から引き返してきて、案内板の意味が分かりました。

ここを右折です。

 

土佐清水市下ノ加江方面からの写真です。道路右にあるキャンプ場への案内板がひとつしかなく、それも土佐清水市側にあるので、宿毛市方面から来ると分かりづらいです。

 

ここを左折です。

 

この道路を降りて行きます。

 

左右どちらからでも行けます。サイトの手前から散策するなら右、トイレ棟があるサイトへ直行するなら左です。
左のルートはここから未舗装です。右を行っても少し進むと未舗装の区間があります。

 

スポンサーリンク

キャンプ場の概要

手前から入ると

手前にあった分かれ道を右に行くと、こんな風に坂を降りたところで未舗装になります。

 

少し行くと、ゴツゴツした石の区間があります。

 

こんな感じの石です。真ん中の下に写っているのは私の靴です。

 

このあたりからキャンプサイトです。回りに樹木があって直射日光を遮ってくれています。

 

奥へすすむと、こんなサイトもあります。

 

焚き火をした痕跡があちらこちらにありました。

 

 

ここを通りすぎてさらに奥へ入って行けます。

 

未舗装ですが道路脇にサイトが広がっています。

 

 

 

周りを囲んでいる樹木です。

 

 

 

進んでいくと右側に川原が見えてきました。

 

 

 

トイレ棟前のサイト

トイレ棟があるサイトへ到着です。ここは広いですね。

 

右にあるのがトイレ棟です。
途中にあった分かれ道を左に進んだら、このトイレ棟の左側に出ます。

 

 

この写真の右に写っている道路を通って来ます。

 

トイレ棟には、トイレ、更衣室、冷水ですが年中使えるシャワーがあります。

 

上にシャワー、下に普通の水道(足を洗うためのものでしょうか)があります。

 

水は常時出ます。

 

 

トイレです。

 

入口脇に注意事項を書いた看板がありました。

 

トイレは簡易水洗のようです。

 

トイレットペーパーの予備もありました。ドアには男性用更衣室の表示がありますが、中は倉庫でした。

 

女性用更衣室です。

 

 

トイレ棟の右に建て増し部分がありました。

 

入って見ると更衣室でした。男性用でしょうか。

 

トイレ棟前のサイトです。広いので真ん中あたりは日光があたっています。

 

こういうところがたくさんあります。どこでも好きな場所にテントを張ってください。

 

 

 

 

 

こんな樹木が直射日光を遮ってくれています。

 

川とは反対側に池のような場所がありました。川が増水した際にたまったのでしょうか。
皆さんが行ったときにまだあれば、子どもさんなどには気をつけてあげてください。

 

 

こんな物体があちこちにありました。うまく使えばBBQコンロなどになります。

 

直火をした痕跡も。

 

水場です。

 

きれいなシンクです。

 

十分な水量の水が出ていました。

 

電源もあります。

 

スマホの充電器を使って確認。電気が流れていました。

 

テントを張る場所には困りません。いたるところにあります。目に前に川原が見える場所にも樹木があって、その下にテントを張れる場所があります。

 

 

 

地面は場所によって違っています。こんな風に石があるところもあります。

 

砂地のところも。

 

市野瀬川で川遊び

キャンプ場の目の前を流れている市野瀬川です。この写真は、県道に架かる橋の上から写しました。

 

この写真は対岸からです。

 

 

 

 

この写真は、キャンプ場側の川原の様子です。左がキャンプ場です。

 

 

 

 

 

流れは穏やかで水遊びには最適ですが、石がゴツゴツしているので、磯たびを準備して行った方が良いと思います。

 

 

家内が見つけた岩です。座って足を降ろした場所に足をのせられるくぼみがあります。

 

ここから水中をのぞくと、魚が泳いでいるのが見られました。

 

広告

 

 

付近の施設

みはらのじまんや

住所:高知県幡多郡三原村大字宮ノ川1130
電話:0880-46-2233
営業時間:8:00~19:00(土日は18:00まで)

キャンプ場から約8㎞(車で約11分)

宿毛市方面から行くと左側にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大原酒店

住所:高知県幡多郡三原村大字来栖野433-9
電話:0880-46-2721

キャンプ場から約7.3㎞(車で約10分)

 

 

まとめ

いつ行っていつ帰っても良く、それも無料のキャンプ場は魅力です。こに記事を書いたのは8月4日、夏休みのまっただ中です。みなさんも川遊びができるシーズンに出掛けて、自然を満喫してみませんか。

 

ログ村に参加しています。よろしかったらポチッと。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

(Visited 1,039 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました