自己流キャンプ

美味しい^^コーヒーに出会いました/浸漬式抽出法の「COFFEE OUTSIDE」

自己流キャンプ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャンプ専用珈琲(COFFEE OUTSIDE)を飲みました

昼食の後、キャンプ専用珈琲(COFFEE OUTSIDE)を楽しんでみることにしました。

パッケージはおしゃれ

宅配されてきた「COFFEE OUTSIDE」の一式の中に、こんなパッケージのものがありました。とても上品な感じです。中には3袋入っていました。

 

 

もうひとつパッケージが入っていて、組み立てるとこんな形になりました。

 

珈琲のティバッグを入れるとこんな感じになります。

 

珈琲の旨味を余すことなく落とし込む浸漬式抽出法

画期的なティバッグのキャンプ専用珈琲です。ぜひをご覧ください。

入れ方

準備したものは・・・

コールマン製ガスバーナー一式、コールマン製やかん、コールマン製マグカップ、ミネラルウォーター、それにCOFFEE OUTSIDEです。

 

このパッケージに入れてきました。

 

 

「COFFEE OUTSIDE」ひとつに対しお湯200㎖をゆっくり入れる

ミネラルウォーターをきっちり200㎖測ってやかんに入れてお湯を沸かしました。

 

 

お湯が沸騰したら、やかんの中のお湯が落ち着くのを待ちます。

 

その間に、珈琲のティバッグを取り出して準備します。
袋から出した珈琲のティバッグです。まるで紅茶のティバッグのように珈琲が完全に包まれています。
今までの琲とは全く違います

 

マグカップの中へ入れます。

 

なるべくゆっくりと、本体にかけるようにお湯を注ぎます。
注ぐと座布団のようにぷくっとかわいく膨らみます。

 

 

 

 

8回ほど上下に揺らす

ゆっくりと8回くらい上下に揺らしてください。
やり過ぎると微粉が多くなります。その場合はバニラアイスにかけて食べてみてください。

 

 

3分ほど漬けおけば完成

8回くらい上下に揺らすと、バッグを3分ほど漬けたままにしておきます。
取り出すときはゆっくりと取り出しましょう。お好みで漬けおき時間を調整してください。

 

 

取り出しました。座布団のようにぷくっと膨らんでいます。

 

飲む前に・・・

飲む前に抽出した珈琲の湯面を覗いてみてください。
うっすらと細かいオイルが浮いています。それは、珈琲の旨味ともいわれる珈琲オイルです。通常のティバッグではカットされてしまうようです。

いかがですか?珈琲の表面に細かいオイルが浮いているのが分かりますか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

家内の感想

珈琲好きの家内がまず試飲しました。
感想は、珈琲豆そのものの味がして奥深い・・・とのことでした。満足そうな家内の表情を見てください。

今までは後ろ姿だけでしたが、今回は横顔の登場です。

 

 

もちろんデザートも頂きました。

 

スポンサーリンク

生分解性素材を使った珈琲

生分解性素材という言葉を知っていますか?
物質が微生物によって分解される性質であること、土中や水中の微生物が高分子化合物を分解して無機物にすることをいうらしいです。
まさにこの商品は、本体はもちろん紐やタグまで全てに生分解性素材を使っていて、ゴミを出さない地球に優しい珈琲なんですって。

こちらもどうぞ

「COFFEE OUTSIDE」をご希望の方は、こちらのLINEを友達追加してお求め下さい。

https://line.me/R/ti/p/%40633ngywi

こちらものぞいてみてください。
COFFEEOUTSIDE商品PR動画(野営編)

https://youtu.be/1TKjPdiNeng

 

ブログ村に参加しています。よろしかったらポチッと。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

(Visited 579 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました