高知県のキャンプ場

高知県津野町/旧天狗高原キャンプ場がリニューアル^^星ふるヴィレッジTENGU!

高知県のキャンプ場
スポンサーリンク

高知県と愛媛県の県境、標高1,000mから1,500mに連なる四国カルスト(天狗高原)、その高知県側にあった「天狗高原キャンプ場」が、2023年4月、リニューアルオープンしました。「星ふるヴィレッジTENGU」のレストランやプラネタリウムを利用することができ、満天の星空も楽しめます。

ここには「キャビン」(簡単にいうと簡易宿泊所の一種)と「テンガロー」(床の上にテントを張るスタイル)があります。「星ふるヴィレッジTENGU」では、「キャビン」は宿泊施設、「テンガロー」をキャンプ場と言っているようです。

 

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

場所・アクセス

住所:高知県高岡郡津野町芳生野乙4,921-22(星ふるヴィレッジTENGU)
電話:0889-62-3188(星ふるヴィレッジTENGU)

①高知自動車道須崎東ICから約53㎞(車で約1時間)
②松山市から約74㎞(車で約1時間40分)

 

スポンサーリンク

星ふるヴィレッジTENGU

坂道を上がりきると目的地

高知道須崎東ICから約1時間、「星ふるヴィレッジTENGU」が見えてきました。ほぼ山頂です。

 

右の建物が「星ふるヴィレッジTENGU」、左が「カルストテラス」です。

 

「星ふるヴィレッジTENGU」を左に見ながら真っ直ぐに行くと駐車場、左に曲がると「星ふるヴィレッジTENGU」の出入口です。

 

「星ふるヴィレッジTENGU」の正面です。

 

このモニュメントが迎えてくれます。

 

 

 

大浴場を利用できます

「星ふるヴィレッジTENGU」には大浴場があります。
キャビン利用の方は4名まで無料で、テンガロー利用の方は880円で入浴できます。

南浴場から高原や太平洋を、北浴場からは「石鎚山」の眺望が楽しめます。
朝晩で男湯・女湯が入れ替わります。

入浴時間は「15:00~22:00」と「6:00~8:30」です。

 

ソフトクリームを買いました

中にソフトクリームの自販機がありました。

 

食券を買います。

 

まろやかで美味しかったです。

 

広告です。キャンプグッズをレンタルしてくれます。よろしかったらクリックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク

予約・利用時間など

予約方法
電話のみの対応になります。
星ふるヴィレッジTENGU(0889-62-3188)へどうぞ。

チェックイン
キャンプ・他の宿泊施設とも:15:00

チェックアウト
キャンプ・他の宿泊施設とも:10:00(キャンパーには少し早いかも)

 

駐車場

「星ふるヴィレッジTENGU」とキャンプ場の間に、広い駐車場があります。

 

 

「車中泊禁止」の看板がありました。

 

津野町の案内図です。

 

天狗高原付近の案内図も。

 

バリアフリーの3棟(トイレ、キャビン№7、炊事棟)

キャンプ場の入口

キャンプ場は、駐車場と隣接しています。

 

入口にキャンプ場の案内図がありました。

 

こんな案内板もありました。

 

「セラピーロード」とは、森林療法(セラピー)に適した森林内の歩道なんだそうです。キャンプ場の脇にありました。

 

駐車場とキャンプ場とは、段差なく繋がっています。
写真右手前が「トイレ」、その奥が「キャビン№7」、キャビンの前に「炊事棟」があります。この3棟がバリアフリーです。

 

上から見たバリアフリーの3棟(キャビン№7、炊事棟、トイレ)。

 

トイレ

真ん中が「みんなのトイレ」、右が男性用、左が女性用です。
トイレはここだけではありません。キャビンを利用の方は、室内にもあります。

 

男性用です。

 

 

シャワートイレではではありません。

 

みんなのトイレです。ここはシャワートイレです。

 

炊事棟

日帰り利用ができます(10:00~15:00)
・1~5名:1,100円
・6~10名:2,200円
・11名以上:3,300円

注意事項
・火気の使用は「炊事棟」以外の場所では出来ません。
・調理器具、調味料のレンタルはありません。
・ゴミ(炭の燃えかすを含む)は持ち帰りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キャビン(3タイプ)

料金

■キャビン(№1,2,3)13,200円
■デッキ付キャビン(№5,6)19,800円
■バリアフリーキャビン(№7)26,400円

〇利用人数は4名までですが、4名だと狭く感じるかもしれません。
〇入浴料料金込みです。

 

キャビン№7

バリアフリーの「キャビン№7」です。

 

 

玄関です。

 

IHコンロを備えています。

 

2人はベッドで、他の方は「ロフト」で就寝です。

 

 

エアコンが備わっています。

 

デッキ付です。
左のコンクリート部分は、バーベキュー用ではありません。天体望遠鏡の三脚を置くためのものです。

 

トイレと洗面所です。

 

シャワートイレです。

 

キャビン№1~№3

この先はバリアフリーではありません。段差があります。ここを上がって左に「キャビン№1~3」があります。

 

手前が№1、奥の左が№2、右が№3です。

 

 

№1の室内を見せて頂きました。コンロはIH、エアコンも備わっています。
台所の右のドアがトイレです。

 

4人掛けの椅子とテーブル。

 

上が寝室ですが、右側の方が狭いので、ここに2人が寝るのは窮屈かもしれません。

 

 

シャワートイレではありません。

 

キャビン№5、№6

手前が№5、奥が№6です。

 

№5と№6はデッキ付です。こちらが№5です。

 

このデッキにあるコンクリート部分も、天体望遠鏡用のものです。

 

№6です。

 

 

テンガロー(4タイプ)

種類と料金

○3m✕4m・・・1,650円(2か所)
○4m✕7m・・・3,300円(3か所)
○7m✕8m・・・4,400円(1か所)
○7m✕10m・・・4,400円(1か所)

○入浴料有料(大人880円、小学生未満550円、1~2歳無料)

 

注意事項

■デイキャンプはできません。宿泊のみです。
■デッキの上にテントを張るため、ペグは打ち込めません。
■火気は「炊事棟」以外使用できません。
■ゴミは持ち帰ってください。

 

テンガロー「A、B、C」

この分岐を右に行くと、テンガロー「A、B、C」です。

 

上からA、B、Bの下にCがあります。それぞれ「4m✕7m」の広さです。

 

一番下のCです。

 

一番上にあるAです。

 

 

デッキですのでペグが打てません。デッキには、ロープを掛けられる物もありません。
この道具をデッキの隙間に差し込んでロープを張ります。いくつでも貸してくれるそうです。

 

テンガロー 「D、E」

テンガロー「DとE」は、見落としそうな場所にあります。写真左のデッキが「DとE」です。

 

こんな道を上がって行きます。

 

 

左がE、右がDです。両方とも「3m✕4m」です。

 

これはEです。

 

家内がDに上がりました。大きさはいかがですか。

 

テンガロー「F、G」

一番上に大きなテンガローが2つあります。「7m×8m」と「7m×10m」です。

 

 

これがFです。

 

 

一番上にあるのがGです。

 

こちらが広いのでしょうか。

 

 

行き方

須崎東ICから国道56号線へ

高知市内からの行き方をご紹介します。
Googleマップが選択したルートは、高知市内からだと「高知自動車道」を経由して「須崎東IC」で降り、国道56号線を経て須崎市街地を北上するルートでした。
このルートを実際に通ってみました。

高知市から高知自動車道を西進すると、須崎市に「須崎東IC」があります。ここは有料区間の最終地点で、本線に料金所があります。

 

 

 

料金所を通過すると、前方約300mに出口があります。

 

 

 

ここで国道56号線と合流します。
ここからキャンプ場まで約57㎞(車で約1時間15分)です。

 

ここを右折します。

 

四万十市方向への案内が見えてきます。

 

前方に高架橋が見えてきます。その下をくぐります。

 

進行方向右にあるのが高速です。
前方に案内標識が見えてきます。この標識から300m先を右折して「檮原」方面を目指します。

 

ここではありません。ここを右折したら行き止まりです。
ここから300m先です。

 

高速の高架をくぐった先です。

 

県道経由で須崎市街地を抜け国道197号線へ

この交差点です。須崎東ICからここまで約2㎞です。

 

ここを右折します。交差点の角に「ファミリーマート須崎桐間店」があります。

 

 

右折したら前方に「跨線橋」があり、JR土讃線を渡ります。

 

跨線橋を降りると右側にドラッグストアのある交差点にでます。
左に四国銀行須崎東店があります。

 

国道の分岐からここまで約0.5㎞、ここを直進して「檮原」方面へ。

 

 

「檮原」と書いたり「梼原」と書いたりしていますが、古い標識は「梼原」で新しいのは「檮原」と書いているようです。
高知県高岡郡檮原町のことです。

 

 

四国銀行須崎東支店がある交差点から約5.7㎞、国道197号線との交差点があります。

 

ここを「大洲」「梼原」方面へ右折します。

 

 

国道197号線を「津野町役場西庁舎」へ

国道197号線です。

 

左に見えるのが「ニホンカワウソ」で有名になった「新荘川」です。

 

津野町に入りました。

 

 

国道197号線との合流地点から約26㎞です。
写真の奥にある白い建物は、「津野町役場西庁舎」です。

 

「四国カルスト山麓の村」と書かれた看板をくぐります。

 

こんな道路を数100m走ります。

 

国道439号線へ

国道439号線との交差点です。

 

ここを右折します。

 

国道439号線を約7.5㎞ほど走ります。

 

 

 

県道を経て「星ふるヴィレッジTENGU」へ

四国カルストへの分岐が見えてきました。

 

ここを左折します。

 

ちょっと道路幅が狭いところがありますので、運転には注意して下さい。

 

 

国道から5㎞ほど走ると、さらに分岐があります。

 

ここを右折します。

 

 

さらに5㎞ほど走ると「天狗高原」方面への案内板が見えてきます。

 

 

ここを右折です。

 

案内板がある所から約2.7㎞登りました。新しくなった「星ふるヴィレッジTENGU」が見えてきます。

 

まとめ

施設はリニューアルされ、とてもきれいでした。隣接する「星ふるヴィレッジTENGU」も、色んな施設があり退屈はしないでしょう。大浴場を利用できるのも魅力です。ただ、テントを張る「テンガロー」に荷物を運ぶのが大変そうです。

 

(Visited 3,890 times, 2 visits today)
タイトルとURLをコピーしました