キャンプ飯/くにきち食堂鏡川高知県のキャンプ場

長芋のソテーに挑戦!高知市を流れる鏡川/宗安寺キャンプ場でデイキャンプ!

キャンプ飯/くにきち食堂
スポンサーリンク

高知市を流れる「鏡川」、高知市中心部から約20分の場所に「宗安寺キャンプ場」があります。5月のとある日、河原のキャンプ場にデイキャンプに出掛け、「長芋のソテー」を作りました。

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

キャンプグッズをレンタルしてくれます。よろしかったらクリックしてみてください。

 

スポンサーリンク

宗安寺キャンプ場でデイキャンプ

高知市を流れる「鏡川」、その右岸(下流に向かって右)に、河原のキャンプ場「宗安寺キャンプ場」があります。
陽ですね、入口の脇の畑にびわが実っていました。

 

既にキャンパーがいました。
この急な坂を降ります。

 

河原の石は大きいので、車で降りてもタイヤを取られることはなく平気です。
小鉄はちょっと歩きにくそうです。

 

変な物体がありました。「自在」として使ったのでしょうか。
※自在:自在鉤(じざいかぎ)とも言い、炉・竈かまどなどの上から下げつるして、鍋・釜かま・鉄びんなどを掛けるかぎのことを言います。掛けたものの高さを自由に変えられるので「自在」と言うらしいです。

 

鏡川の流れは穏やかです。

 



テーブルを置きましたが、水平にするのに一苦労です。

 

宗安寺キャンプ場を詳しく知りたい方はここクリックしてご覧下さい。

高知市中心部から約20分^^鏡川の河原にある無料の宗安寺キャンプ場!
高知市宗安寺地区に鏡川の河原を利用した無料のキャンプ場があります。ここは高知市の中心地から車で約20分の距離にあり、特に、夏のアウトドアシーズンには、バーベキューや川遊びの方々で賑わっています。

 

スポンサーリンク

材料と調味料

材料は、主役の長芋、脇役(付け合わせ)の水菜とトマトです。

 

調味料は、オリーブオイル、塩、にんにくです。

 

スポンサーリンク

作り方

長芋の皮をむきます。

 

 

厚さ1㎝ほどの輪切りにします。

 

小鉄が寄ってきました。何にでも興味津々です。

 

 

 

水菜はお好みの長さに。

 

 

にんにくを切ります。

 

 

コンロは「タフまるjr.」です。
適量のオリーブオイルを入れます。

 

 

にんにくを投入。

 

塩をひとつまみほど。

 

そこに輪切りにした長芋を入れます。

 

油の飛び散りがひどいので、フライパンを地べたに降ろしました。

 

表面がきつね色になるまで、ひっくり返しながら炒めます。

 

ここに醤油を加えて香ばしくしようかと思いましたが、まず、塩味だけで味見してみることにしました。

 

盛り付け中です。

 

できあがりです。

 

実食

家内が実食。塩味だけの感想は、「あっさりしていて美味しい」でした。

 

その後、醤油少々を加えてみました。
家内は「塩だけの方が美味しい」と言っていました。私は、醤油を垂らして火を通すのも香ばしくて美味しいと思います。

 

まとめ

長芋ですから、火が通っていなくても食べられます。表面の色が美味しそうになればできあがりと思って大丈夫です。にんにくと塩だけでいただくか、醤油を加えるかは皆さんのお好みと言うことで・・・。

 

 

(Visited 354 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました