高知県のキャンプ場

高知県格安キャンプ場情報/グリーンパークほどのへGO!

高知県のキャンプ場
スポンサーリンク

ここ「グリーンパークほどの」は、キャンプ場だけではなく、「お祭り広場」、「野外ステージ」、「バギー場」などの多様な施設があるほか、周辺には仁淀ブルーの「にこ淵」や「程野の滝」などの観光ポイントも満載です。

この施設は、平成の大合併前の「吾川郡吾北村」だった平成4年(1992年)に第16回全国育樹祭が行われ、当時の皇太子様がお見えになった場所です。

キャンプ場の手前約2.9㎞に、仁淀ブルーのにこ淵があります。

キャンプ場へ行くついでににこ淵へ行くか、にこ淵へ行くためにここでキャンプをするか、考えるだけでもたまりません。

にこ淵の詳しくは、ここをクリック

絶景仁淀ブルーのにこ淵は幻想的/出掛ける時に気をつけたいポイント
仁淀ブルーの代表として有名になったにこ淵は絶景ポイントです。太陽の光が注ぐ時間帯には、光の角度や加減によって幻想的な美しさを見ることができます。

 

育樹祭とは
昭和52年以来、継続して森を守り育てることの大切さを普及啓発し、国民の森林に対する愛情を培うことを目的に、全国植樹祭を開催したことのある都道府県において、毎年秋に行われている全国行事をいいます。(Wikipedia参照)

 

いのICから 国道33号線~国道194経由 約1時間
大豊ICから 国道439号線~国道194号線 約1時間
西条ICから 国道11号線~国道194号線 約1時間

住所 高知県吾川郡いの町清水上分973-8
電話 088-867-3705

グリーン・パークほどの - 四国のまんなか、山の上のキャンプ場
高知県吾川郡いの町吾北地区にあるグリーン・パークほどのは、山の上にある自然に囲まれたキャンプ・レジャー施設です。バンガローやオートキャンプ場などの宿泊や、バーベキューやバウムクーヘン作りなどの体験メニューもありますので、日帰りからでも楽しめます。

 

・国道194号線の分岐から4.6㎞、にこ淵から2.9㎞

・一番近くのコンビニ(ファミリーマートいの町吾北店、ただし営業は22時まで)まで11㎞

・吾北むささび温泉、キャンプ場から約17㎞、約30分

天然の湯 吾北むささび温泉 | 高知県いの町観光ガイド

 

見取図

 

料金表

 

スポンサーリンク

森を学ぶ「森林生態学習館」

この建物の中に入って右手に利用受付があります。

 

 

学習館の隣にローラー滑り台がありました。

 

学習館の入口のところを右に折れて奥へ入って行くと、育樹祭会場だったお祭り広場や、野外ステージなどの施設へ行けます。

 

お祭り広場

4,000㎡の原っぱです。ボールで遊んだり、バトミントンをしたり自由に遊べる施設です。

電気を使用しない場合 料金:3,250円
電気を使用する場合 料金:3時間まで5,980円、1時間延長ごと840円

 

野外ステージ

料金 3時間まで6,400円 1時間延長ごと1,050円

 

バギー場

平日は休みのようです。

 

スポンサーリンク

遊び場

パークゴルフ

全18ホール、4人1組で約2時間
道具レンタル 1人500円 ボールをなくすと1,000追加
道具持ち込み 1人300円

 

渓流釣り

キャッチ&リリース(アマゴ、ニジマスなど)

 

手作りバウムクーヘン

1本2,600円(2~3人前) コーヒー付き

 

お鍋で作るぼうしパン

夏季限定 6個2,300円 コーヒー付き

 

そば屋さん

キャンプサイトの前にあるそば屋さんです。

 

入ってそばをいただきました。非常に素朴な味で、田舎そばという感じでした。

 

オートキャンプ場

ここは山の中なので、夏は虫が出ます。特に、夏の晴れた日にはアブが出て悩ませます。このキャンプ場のベストシーズンは、虫がいなくなる9月下旬(お彼岸)以降のようです。

キャンプ場の向こう側(道路側)に民家があります。

キャンプ場の撮影日は11月22日です。地面の赤い物は枯れ葉です。

 

夏はこんな感じです。夏に行くか、秋や冬に行くかは皆さんの好みですが。ただ、夏は虫がいますが・・・。

 


サイトは13区画あります。

 

炊事棟です。洗い場とコンロがありました。

 

 

 

 

 

区画1です。

 

区画2です。

 

区画3です。

 

区画4です。

 

区画5です。

 

区画6です。

 

区画7です。

 

区画8です。

 

区画9です。

 

区画10です。

 

 

区画11から13です。坂を少し下りたところにあります。キャンプ場へ上がってきた道路沿いになります。

 

 

 

 

 

 

 

テントサイト付近のトイレとシャワー

トイレは、テントサイトの下(区画13の下)、テントサイトの上段の広い駐車場、テントサイトの前のそば屋の横にある研修棟の奥、バンガローサイト内の管理棟の裏の4カ所。
このうち、洋式は、駐車場にある身障者用トイレ、バンガローサイト内の管理棟の裏の2カ所。

シャワーは、そば屋横の管理棟の奥、バンガローサイトの管理棟の裏の2カ所。

区画13の奥(下)のトイレです。

 

水洗ですが、和式でした。

 

キャンプサイトの上段の駐車場にあるトイレです。
キャンプサイトからは少し遠いです。
和式トイレです。

 

身障者用もありました。ここは洋式です。

 

そば屋さんの横にある研修棟です。その奥にトイレとシャワー室があります。

 

 

 

トイレは水洗ですが、男女とも和式しかありませんでした。

 

シャワー室は2室ありました。コインシャワーです。

 

バンガロー

バンガローが10棟あります。2人用が4棟、4人用が6棟です。

 

 

 

バンガロー区画内の洗面所です。

 

 

 


 

 

 

バンガロー区画内を流れている谷川です。自然の谷川を利用しているようで、大自然が満喫できそうです。

 

静かなところですので、谷川の流れが聞こえて来ます。


バンガロー区画の脇にある炊事棟です。

 

炊事棟の裏にトイレがあります。

 

ここのトイレは、水洗、洋式でした。シャワートイレではありません。

 

シャワー室(右のドアが男性用、左が女性用)

 

10分で100円でした。大変安く良心的です。

 

 

まとめ

ここは、キャンプ場だけでなくいろんな施設があります。施設外でも「にこ淵」、「程野の滝」など、自然と親しむには盛りだくさんの場所だと思います。

私も、にこ淵も程野の滝も行ってみましたが、それぞれ素晴らしいところです。キャンプ場を拠点に是非行ってみてください。

また、キャンプ場直近の駐車場も、野外ステージのあるお祭り広場の駐車場も、それぞれ直ぐ近くにトイレがありますので、車を止めて一休みということも可能です。

ぜひ行ってみてください。

 

(Visited 1,797 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました