高知市中心部から25分で行ける無料キャンプ場/鏡川源流憩いの広場へGO!

川遊び
スポンサーリンク

高知市内中心地から25分で行ける場所に、高川川という鏡川の源流域があります。そこにキャンプができる場所がありますので、皆さんに紹介します。

ここは、高知市街地から近くて手軽に行けますし、きれいな水が流れている鏡川の源流で、条件はキャンパーを喜ばしてくれることばかりです。若い方を中心に非常に賑わっていました。

 

スポンサーリンク

行き方

場所 高知市土佐山高川地区

オンモール高知から西にある交差点を北の山の方向へ約11㎞、車で約20分で行けます。

一番近くの温泉
高知ぽかぽか温泉

鏡川源流憩いの広場から、18㎞、車で約35分
場所:高知市北川添8-20
電話:088-861-1126
詳しくは ここをクリック

市街地から県道16号を正蓮寺方面へ坂を上がります。途中、高知市内の景色が一望できる場所を通過し、高知市重倉地区で、土佐山方向へ左に曲がります。案内標識があります。

 

土佐山地区へ入ると直売所BALL土佐山がある三叉路があります。
写真の分岐がその三叉路です。ここをまっすぐに直ぐに土佐山駐在所の看板があります。

 

BALL土佐山がある分岐からさらに数分行くと、憩いの広場の案内表示がある分岐が見えます。
ここを左に折れて、坂道を下ってください。

 

この分岐を下へ降りてください。坂を下りると「憩いの広場」へ到着です。
坂がややきついので、運転には十分に気をつけてください。

広告

 

スポンサーリンク

直売所「BALL土佐山」

憩いの広場へ直行する前にちょっと寄り道をしてください。買い物の忘れ物はありませんか。
さっきふれた「BALL土佐山」という直配所へ寄り道をしましょう。
ここで野菜類などを販売しています。日曜日もやってましたよ。
営業時間は、9:00から17:00です。

駐車場は、写真の左側へ入って行った店舗の奥になります。
店舗の奥に公衆トイレがありました。写真のちょうど左端のところです。

 



ここで、重要なことがもう一つあります。これを忘れないでください。
直配所の道路側に給水施設がありますので、ここで水を汲んで行ってください。

今から行くキャンプ場の水道は、井戸水らしいのでここで汲んで行った方が良いでしょう。
ただし、給水時間は、直配所の営業時間と同じく9:00から17:00までで、1人ポリタンク1つくらいまでとありました。

 

この給水施設の水は、「工石山系の湧き水で、いったん塩素処理して飲水(「料」ではなく「良」の文字を使っていました。)に適した水にしたものを活水器を通して、安全でおいしい水にした」ということです。

注意:道路脇への駐車は、通行車両への迷惑になりますでの、奥の駐車場へ駐めましょう。

 

 

スポンサーリンク

広場でキャンプができます

広告

 


憩いの広場の入口から写した風景です。写真の左側にトイレ、右側に大小2つの東屋があります。
その奥が広場です。上の道路からは想像がつかない景色が広がっていました。
樹木もそれほど大きくないし、今がちょうど良い時期だと思います。

 

ただ、トイレが水洗ではありません。ぼっとんでした(^^;)
写真の手前側が男性用、裏側が女性用です。

 

大小二つの東屋があります。人数に合わせて選ぶことができます。
小さい方には、テーブルと椅子もあります。

 


大きい方には、テーブルはありますが、椅子はありません。

 

広告

 

奥には、キャンプサイトとして使える広場が広がっています。
若いキャンパーで賑わっていました。


奥の方からの風景です。

どうですか?いい感じでしょう。


キャンパーがいないときはこんな感じです。

写真の左にある川との境目のところに、岩がゴツゴツしたところがあります。豪雨で土が掘れてしまったのかもしれませんが、足下が悪いので、気をつけてください。


奥の山側が広場です。ここにテントを張れます。割と広いですよ。

 


広場の真ん中に、バーベキューコンロがありましたが、ちょっとくたびれていました。
残念なことにメンテナンスもされていないようです。

広告

 


前を流れている鏡川の源流域高川川の清流です。増水していないときは、これくらいの川幅です。
川底も見え、
水はとてもきれいです。

 


対岸の林の中にも東屋がありました。
どうやって行くのでしょうか。初老のキャンパーには疑問でした。

 



広場の川寄りに流しがあります。蛇口は3個です。
この水は井戸水らしいので、飲料水としては使わない方がいいと思います。

広告



広場の中を散策していて、木の幹に掛かっている妙な物を発見しました。近寄ると、木の幹に掛かっているのは箱ビンといって、水中をのぞき込む道具です。
タイヤチューブの浮き輪と釣り竿もありました。

「お魚と遊んで思い出を残そう」と書いてあります。地区の人の粋な計らいですね。

 


鏡川漁業協同組合の注意書きもありました。
漁をするにはルールがありますので、
ルールは守ってくださいね。

 

鏡川の源流でキャンプをしたら、次は、仁淀川でも遊んでください。ここをクリック

まとめ

高知市内からそれほど遠くない場所にキャンプができる場所があるのはうれしいです。高知市民以外の方々も、たくさんの人に来ていただいて高知の自然と親しんで頂きたいと思います。

ここには、子どもさん連れの方にも非常にうれしい粋な計らいもあるし、大変いい場所だと思います。
ただ、どうしても「ぼっとん」がだめな人は、やめておいた方がよいかもしれませんね。

また、ここにはゴミステーションはありません。楽しんだ後のゴミは持ち帰ってください。

みんなできれいな自然を守りましょう!

 

(Visited 2,497 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました