自己流キャンプ高知県のキャンプ場

高知県四万十市/とまろっとで3泊してきました!その1「テント編」

自己流キャンプ
スポンサーリンク

朝晩の寒さを感じ始めた10月中旬、暑さや煩わしい虫から解放されるこの季節、私たち夫婦には絶好のキャンプシーズンです。高知県四万十市にある「とまろっとオートキャンプ場」で3泊してきましたので、その様子をご紹介します。まず、第1回目は「テント編」です。

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

いつもの「S26」にテントを設営

いつものサイト「S26」を借りることができました。垣根に囲まれた「隠れ家的」場所が気に入っています。
秋の平日で、混雑していなかったおかげです。

 

いつもこんな感じにしています。小鉄はブルーシートの上で待っています。

 

 

おとなしくしています。随分落ち着いてきました。

 

テント内は寝るための準備が万全・・・

テントの前室に椅子、テーブル、食器類などをセット完了。奥の寝室に寝具のセット終了。

 

 

この白い物体、「セラミックファンヒーター」です。夜、寒いといけないので・・・と、家内。

 

ヒーターの前ではお疲れの家内が一休み。

 

家内が横になっている場所は、敷物を三重に。下から「アルミシート」、「ヨガマット」、「レジャーシート」です。

 

小鉄は椅子の上でご満悦。

 

この高さから下りるのが怖いようです。おとなしくしています。

 

寝室をご案内します。

 

寒いといけないので、エアーベッドの上に電気カーペット、その上に敷きパッド、毛布、シェラフの順です。寒さ対策は万全です。

 

右端にあるマットは、小鉄の寝床です。

 

タープテントが悩ましい

外にもテーブルを置きたくて、相当前に買ったものの、あまり使っていないコールマンの「ヘキサタープ」を出しました。
たて方を間違っているかもしれません。サイドのポールを立てるとテントがたわんで、雨が降った時に溜まってしまうのでこんなにしています。ただ、こうすると、サイドが低くなりすぎて頭につかえてしまうんです。
根本的にこのタープ、小さいからなのでしょうか。

 

サイドのポールを立てないと、こんなに低くなるんです。もっと大きいタイプのものに変えたくなっています。

 

低い感じが伝わるでしょうか。

 

 

大きくないのが伝わりますか?

 

テーブルをひとつ置くのがやっとです。

 

料金は3泊で合計12,330円

料金を紹介します。
サイト料が3泊で10,080円、AC電源が3泊で2,250円、合計12,330円でした。
物価高のご時世ですが、AC電源料は変わりないようです。

まとめ

ヘキサタープってこんなものなのでしょうか。買った当初から満足できていなかったんです。小さいからなのでしょうか?それともたて方に問題が?
詳しい方がご覧になっていたら、一番下の「コメント欄」へ書き込んで頂けませんか。よろしくお願いいたします。

(Visited 179 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました