自己流キャンプ

CAMP OOPARTSの「串しぇら」/シェラカップでミニ串揚げ!

自己流キャンプ
スポンサーリンク

父の日に娘たちが買ってくれた「CAMP OOPARTS(キャンプオーパーツ)」製の「串しぇら」を使ってみました。油をシェラカップに入れて揚げるという商品ですから、「一口カツ」が最適でしょう。カツの作り方から紹介します。

 

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

「串しぇら」の構造と付属品

「串しぇら」はこんな箱に入っています。

 

 

中には「取扱説明書」、「プレート」、それと「温度計」が入っています。

 

 

上になる面です。

 

こちらが下になる面で、くぼみの部分でシェラカップが滑らないように固定されます。

 

全体の直径は15㎝ほどです。

 

くぼみの部分の直径は11㎝ほどですので、直径が11㎝より大きいシェラカップが必要です。

 

こちら側がシェラカップと接する(下になる)面です。

 


 

 

シェラカップの大きさは・・・

シェラカップの大きさは直径11㎝以上が最低条件です。かつ、油を揚げるのですから深い方が断然いいと思います。
直径11㎝以上で深い器ならシェラカップでなくても良いと思いますが、ここでは「シェラカップでミニ串揚げ」なので、あえてシェラカップを使いました。
直径14㎝で、深さが6㎝ほどのものがありました。

 

 

容量は500㏄です。

 

一口カツの下ごしらえ

豚肉は柔らかくスジがない「ヒレ肉」を使いました。160グラムほで、5切れ入っていました。

 

大きいので半分にしました。

 

塩こしょうをします。

 

冷蔵庫にあったウインナーも使ってみました。

 

もう一品、玉ねぎも。

 

「百均」でこんな串を見つけました。

 

長さは8㎝あります。
揚げてみて分かったのですが、串は長い方が良いです。揚げるときに油の中に沈んでしまいます。

 

こんな感じに串差ししました。

 

たまご2個、小麦粉、パン粉を準備します。

 

 

小麦粉をまぶし・・・。

 

 

たまごをからませ・・・。

 

 

パン粉を付けます。

 

準備はできました。

 

「一口カツ」を揚げてみました

コールマン製の「シングルバーナー」を使いました。


 


シェラカップをバーナーにのせ・・・。

 

適量の油を注ぎます。サラダ油で十分です。

 

火は「中火」で・・・

 

プレートの脇に空いている穴に温度計を差し込みます。
温度計の先端がシェラカップの底から離れている方が、正確な油の温度が測れるようです。

 

 

数分で180℃になりました。

 

まずは「カツ」から。
プレートの十字になった切れ目のところに串を挟めばいいようです。今回使った8㎝の串だと油の中に落ち込んでしましました。長い串を使えば、手でつかんで取り出せますし、箸やトングのような道具はいりません。

 

カツは二度揚げした方が良いでしょう。

 

こんな感じにプレートに載せて油を切ってください。

 

次はウインナーです。

 

ウインナーは生でも食べられますから、火のとおりは気にしなくても大丈夫です。
衣が揚がればそれで良いと思います。

 

次に玉ねぎです。

 

玉ねぎも衣が揚がれば大丈夫でしょう。直ぐに火がとおります。

 

こんな感じに揚がりました。

 

ソースはこれを使いました。

 

あっさりしたソースで、大変美味しかったです。

 

 

まとめ

「こんなことしないでも普通の鍋で揚げればいいのに」とは言わないでください。「串しぇら」のようなおしゃれな商品を使ってキャンプ飯を楽しんでください。

 

 

(Visited 484 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました