仁淀川高知県のキャンプ場

高知県仁淀川町の安居渓谷には隠れたキャンプ場があります

仁淀川
スポンサーリンク

高知県仁淀川町にある安居渓谷は、標高1051メートルの宝来山を縫って流れる仁淀川の支流の安居川にあり、高知県内にある渓谷の中でも代用的なところです。

深緑の7月末、その安居渓谷へ行ってきました。昨年の紅葉の時期にも行ってきましたが、また別の美しさがありました。

高知県仁淀川町の安居渓谷/絶景ポイントを是非ご覧ください
高知県の安居渓谷は、標高1051メートルの宝来山を縫って流れる仁淀川の支流安居川にあり、高知県内にあるいくつかの渓谷の中でも代用的なところです。

 

スポンサーリンク

トイレが新しくなっていました。

ここに、古く悪評のトイレがありましたが、新しくなっていました。

 

水洗でシャワートイレでした。

 

ただ、夜間は利用できないようです。

 

スポンサーリンク

宝来荘

レストランや宿泊施設があり、バンガローも管理している「宝来荘」です。安居渓谷の中心にあります。

 

 

 

宝来荘のレストランへ立ち寄ってみました。

 

レストランの外側に、うどんやそばがあることが書かれていましたので、レストランへ入ってうどんを注文しました。

すると、店の人は、「夏はそばしかありません」とのことで、ざるそばを注文しました。700円でした。

 

スポンサーリンク

キャンプ場の存在が明らかに・・・

その宝来荘のレストランでの出来事です。

家内が、安居渓谷のパンフレットを貰って見ていて、下の「安居渓谷利用料金のご案内」というチラシが入っているのに気づきました。それには、キャンプ場の存在が明記されていました。

ホームページにはキャンプ場のことが載っているのに、「ここにはキャンプ場はありません」と言っていました。

今回、チラシを見て同じ質問をすると、同じように「キャンプ場はここにはない」ということを言っていたのですが、キャンプ場はやはり存在しているようでした。

私たちはキャンパーですが、世の中にはキャンパーだけではありませんし、ここ安居渓谷は観光地です。積極的にキャンプ場の存在を明らかにしなかったのには、それなりの理由があるのでしょうね。

 

 

キャンプ場その1

キャンプ場は2カ所あります。1つ目は、宝来荘のすぐ上です。宝来荘の向かいに階段がありますが、その階段を上がったところです。

 

 

ここへは車で上がることもできます。新しくできたトイレの手前にその道路があります。少し急ですが。

 

ここがキャンプ場です。ただ、広くはありません。

 

 

 

このサイトには、水場がありませんでした。
宝来荘の手前に別の店舗がありますが、その店舗の角に水道がありました。水場はここしかありません。

 

 

 

キャンプ場その2

宝来荘から200mほど上にあがったところに、バンガローへの分岐があります。その三叉路の下に建物がありました。ここが二番目のキャンプ場です。

 

 

バンガローへの分岐の手前に車が入れる通路があります。

 

 

この屋根がある部分にテントを張れるとのことです。
また、ここでデイキャンプとしてバーベキューもできるのです。

 

建物の裏側には、トイレもあります。

 

ここは、「飛龍の滝」へ入って行くところでもあります。

 

前にはちょっとした川原が広がっています。ここにもテントを張れそうですが、川原へテントを張るのはなかなか難しそうです。一斉に押しかられると管理が難しくなくなります。

 

 

建物の奥に施錠された部屋があり、係の方が開けてくれました。そこには、貸し出し用のテーブル等が置かれていて、流しもありました。

ここを借りたときには、この流しがある部屋を開けてくれるとのことで、洗い場として利用できます。

 

 

 

バーベキューコンロなどレンタル品を運んでくれます。

 

まとめ

環境的にはたいへん恵まれた場所にありますので、ただ、キャンパーがわんさと押しかけると、騒音やゴミの問題が発生する可能性はありますね。
本当に自然を大切にしてくれるキャンパーのみの隠れたキャンプ場でいいのかもしれません。

(Visited 3,658 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました