高知県の見どころ

土佐文旦の無人販売所(良心市)がありました/仁淀川の片岡沈下橋付近!

高知県の見どころ
スポンサーリンク

高知県越知町片岡地区、仁淀川に架かる片岡沈下橋があるところに、高知名産の「土佐文旦」を安く販売している無人販売所(高知では良心市と呼んでいます)がありました。安いのには理由があると思いますが、食べてみたら何も問題ありませんでした。

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク

土佐文旦

文旦は、東南アジア原産の柑橘です。
土佐文旦は、昭和初期に高知県土佐市で栽培方法が確立され、現在は、高知県の特産品となっています。
黄色く大きな果実で、さっぱりした酸味と甘みに加え、ほんのりした苦味もあります。大粒の果肉のプチプチ感も味わえる絶品です。

2Lサイズくらいでも良い物だと、10㎏で4,000~5,000円はする高級品です。

 

スポンサーリンク

仁淀川に架かる片岡沈下橋を目標に

場所

高知県高岡郡越知町高岡地区、仁淀川の左岸(下流に向かって左側)

 

アクセス

いの町の街中から国道194号線を愛媛県西条市方面へ、いの町柳瀬地区で「越知」方面へ繋がっている県道18号に分岐してください。この県道18号が仁淀川左岸に沿って伸びる道路です。

スポンサーリンク

たまたま見つけた良心市

写真右の道路が県道18号です。良心市の左の道路へ入ると、「片岡沈下橋」へ行けます。

 

三つに分かれていたので3人が出品しているんでしょう。料金箱も別々にありました。

 

1袋500円でした。
ここの上段のものがかなり大きかったです。5~6個入っていました。下の段のものは、10個ほどでした。

 

 

 

大きいのを選びました。千円札しかなかったので同じ「お店」から2袋買うことにしました。

 

 

 

千円札を1枚、料金箱に入れました。

 

小鉄も興味津々

持って帰って台所の床に置いていたら、小鉄が興味を持ったようで、匂いをクンクン。

 

 

 

実食

皮を横に切って剥くと皮を剥きやすいです。このように半円形に剥いたら、果肉を覆っている薄皮を入れるゴミ入れに出来ます。

下の写真は、果肉の薄皮を剥いています。美味しそうでしょう。美味しかったです。

 

(Visited 513 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました