キャンプ飯/くにきち食堂鏡川高知県のキャンプ場

焼き芋作りにリベンジ/高知市土佐山^^鏡川源流憩いの広場!

キャンプ飯/くにきち食堂
スポンサーリンク

以前、焼き芋作りに挑戦しましたが、焼きすぎて「炭」に近い状態になりました。家内が「リベンジしなきゃ」と、「鏡川源流憩いの広場」でのデイキャンプの際に再挑戦しました。

 

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

「鏡川源流憩いの里」のことを書いています。ここもご覧になってください。

高知市中心部から25分で行ける無料キャンプ場/鏡川源流憩いの広場へGO!
...

 

 

鏡川源流でデイキャンプ

予約不要、無料で利用できる「鏡川源流憩いの広場」です。

 

広場のすぐ前を鏡川の源流が流れています。穏やかな流れです。

 

 

 

キッチンペーパーを濡らして巻きます

高価なさつまいものでありません。
スーパーマーケットで袋入りで売っていたものです。

 

まずは水洗いをしましょう。
この「広場」には水道があります。助かります。

 

新聞紙がいいのですが、なかったので、キッチンペーパーを使いました。

 

キッチンペーパーを3~4枚使ってさつまいもを巻き、水で濡らします。
水がしたたり落ちないように、軽く絞ります。

 

 

アルミ箔で包みます

濡らしたキッチンペーパーで巻いたさつまいもをアルミ箔で包みます。

 

 

 

 

買ってきたさつまいも4個全てを焼きました。

 

 

炭火で焼きます

今、炭に火をつけています。

 

 

火をおこす途中を飛ばします。
火の着いた炭の上にアルミ箔で包んださつまいもをのせます。
そのまま炭の上にのせても大丈夫です。

 

時々ひっくり返しました。片方だけが焼けすぎないように。



 

できあがりました

できあがりの確認は、串を通してください。
火が通っていたら、串がスーッと入って行きます。

 

芋を出しています。

 

 

 

ふっくらしています

家内が待ちきれず、アルミ箔を剥がしました。
外見は全く焦げていません。きれいです。

 

中は美味しそうに焼けています。

 

 

 

 

 

まとめ

このあと美味しくいただきました。
前回焼けすぎた理由は、濡れた紙で包まなかったことだと思います。
難しくはないので、試してみてください。

(Visited 346 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました