わが家の手作り茶碗蒸し/難しくないのでキャンプでも試してみませんか!

キャンプ飯/くにきち食堂
スポンサーリンク

わが家の家族は茶碗蒸しが大好きで、大量に作っては数日間食べています。買うと安くはないので、できるだけ家で作るようにしています。
一晩で食べきれるくらいの量なら、キャンプ場も作れます。キャンプ飯のデザートのひと品に加えませんか。

 

ブログ村に参加しています。
よろしかったらポチッと押して頂いて応援をお願いします。

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

 

 

材料(だし540㎖に対して)

・昆布:1本(2~30㎝)
・かつお節:1/3袋程度(安価なものを使いました)
・えび:4尾
・ゆり根:20g
・ぎんなん:8個
・(お好みで)かまぼこ:1本
・たまご:3個(だし180㏄に対して1個)
・みつば:少々(お好みでゆずの友or木の芽)

・調味料:しょうゆ、塩、みりん各小さじ1

 

作り方

だしの取り方

面倒なら顆粒だしでも大丈夫です。

水540㎖(3合)に昆布を入れて1時間程度置く

写真は多めの水が入っています。
昆布も安価なものを使っていますので、多めに入れています。
540㎖の水なら昆布1本程度で良いでしょう。昆布は、水に30分以上浸して下さい。

昆布を弱火よりやや強めの火力で、じっくり10分ほど時間をかけ、沸騰直前まで加熱します。

 

次にかつお節を入れ、やや強火で再沸騰させ3~4分煮ます。

 

アクが出てきたら、取ってください。

 

ザルにキッチンタオルを敷いてこします。

 

 

 

 

 

 

だしを取ったら冷ます

あとでだしにたまごを入れます。だしが熱いままだとたまごが煮えてしまうので、だしが冷めるのを待ちます。

 

下ごしらえ

だしが冷めるのを待つ間、材料の下ごしらえです。
今回、ぎんなんは殻付きの物を買いました。道具がなかったのでペンチで砕きました。

 

こんな感じになりました。このあと薄皮をむきます。
やってみて分かりましたが、この作業は大変です。やっぱりむいて茹でたものを買ってくる方が簡単で良いかと・・・

 

薄皮をむいたものを塩ゆでします。塩はひとつまみ程度で。

 

これがゆり根です。剥がすとバラバラになります。

 

 

これも塩ゆでします。食べた食感は芋のようです。お好みの量を使って下さい。

 

エビも塩ゆでしておきます。

 

 

かまぼこは、お好みの厚さに切ります。

 

 

 

だしにたまごを加える

ボールにたまごを入れてかき混ぜます。

 

よくかき混ぜて下さい。

 

ザルでこします。できるだけ目の細いものを使って下さい。

 

 

今こしています。たかごが少しずつ下に落ちています。

 

だしとたまごが混ざりました。

 

しょうゆ(小さじ1)、塩(小さじ1)、みりん(小さじ1)を加えます。

 

蒸す

蒸し器の水を沸騰させます。

 

器に7分目くらいまでだしを入れて、1分強火、7分中弱火で蒸します。

 

 

こんな感じに固まります。そこへ具材を入れていきます。

 

具材を入れたらだしを加えます。

 

蓋をして5分くらいさらに蒸します。

 

できあがりました。でもちょっと気泡が破裂していますね。少し火が強かったようです。

 

みつばをのせてできあがりです。

 

まとめ

茶碗蒸しは面倒だと敬遠するかも知れません。だしが面倒なら顆粒だしを使って簡単に作って下さい。
何回か作っている間に「具材はこっちの方がいい」だとか、皆さんの家庭の味になっていくと思います。是非、試して下さい。

(Visited 169 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました