キャンプ飯/くにきち食堂

キャンプ料理はBBQだけじゃない/たまにはおでんはいかが!

キャンプ飯/くにきち食堂
スポンサーリンク

キャンプの定番料理はバーベキューかカレーライスですね。でも、たまには「おでん」はいかがですか。おでんは煮込む時間が2~3時間は必要ですので、その時間を待てる余裕があるキャンプができる時には一度試してみてください。

今回、我が家も定番のバーベキューではなく、キャンプでおでんを楽しむことにしました。

スポンサーリンク

材料

キャンプでは具だくさんではなく、極めてシンプルにしましょう。今回は、
・田舎こんにゃく
・たまご
・大根
の3品にしました。量はお好みで・・・

 

スポンサーリンク

下ごしらえ

今回は、キャンプへ行ってからの時間短縮を考え、下ごしらえは自宅で済ませてキャンプに行くことにしました。

田舎こんにゃく

田舎こんにゃく(一般にまん丸のやつ)の良いところは、ブツブツの穴がいっぱい空いていて、そこからだしがしみこみやすいところです。こんにゃくは1分程度下ゆでしてあく抜きをしましょう。

まん丸の田舎こんにゃくをお好みに大きさに切ってください。写真は1個分です。

 

 

 

ゆで終わったらザルに取って水洗いしてください。

ゆでたまご

ぷるっと殻が取れるゆでたまごの作り方を紹介します。

まずお湯を沸かす

 

お湯が沸騰したらたまごを投入

水から煮るとまず失敗します。必ず沸騰したお湯にたまごを投入しましょう。

投入したとき鍋の底にたまごが当たって殻が割れないよう、トングを使ってたまごを投入しましょう。

 

 

弱火で15分~20分間茹でる

強火で茹でるとたまごがお湯の中で暴れて殻が割れます。弱火でゆでましょう。

 

 

冷水で急激に冷やす(氷を投入する)

ゆであがったら冷水で急激に冷まします。冷水を入れてたまごを冷まし氷を水に投入して急激にたまごを冷ましましょう。そうするとぷるんと殻が取れるゆでたまごになります。

 

 

このようにぷるんときれいに殻がむけます。

 

 

大根

まず輪切りにして皮をむきます。

 

 

角を取りましょう。

 

大根は下ゆでが大事です。お米のとぎ汁で下ゆでします。理由はいろいろあるようですが、
・お米のデンプンが大根に浸み込み、粘りで形が崩れにくくなる
・糠の成分が大根のアクやえぐ味を取る
などでしょうか。

 

 

下ゆでするとこんな感じです。

 

スポンサーリンク

作り方

炭火で作っても良いのですが、火加減の調節が難しいので、今回はカセットコンロを使いました。

 

家でおでんを作るときは、昆布とかつお節を使ってだしを取るのですが、キャンプではそんな余裕はありませんし面倒です。事前にだしを作ってキャンプ場へ持って行ってもよういのですが、今回は市販の「おでんの素」を使いました。「おでんの素」は説明書を見て水量を間違わないようにしましょう。

準備してきた具材を鍋に入れます。

 

水を入れて火にかけます。

 

沸騰してきたら「おでんの素」を適量投入し、弱火で2~3時間煮込みます。

 

いい感じになってきました。

 

いい色になりました。皿に取っていただきました。

 

まとめ

おでんを作っておくと小腹が空いたときにとっても重宝します。余ったらフリーザーパックに入れて持ち帰れますしね。面倒がらずキャンプで皆さんも試してみてください。

 

(Visited 312 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました