四万十川高知県の見どころ

高知県四万十町十和/四万十川ジップラインが始まりました~

四万十川
スポンサーリンク

2020年6月27日、道の駅「四万十とおわ」に、高知県初のジップラインがオープンしました。

ジップラインは、滑車を使ってワイヤーロープを滑り降りる遊びで、四万十川の対岸から道の駅までの全長約220mを滑り降ります。四万十川を横断するジップラインを体験してみませんか。

詳しくは、ここをポチッと

【公式】四万十川ジップラインへようこそ! | 日本最後の清流 四万十川を飛べ!!
日本最後の清流 四万十川を飛べ!!
スポンサーリンク

アクセス

■住所:高知県高岡郡四万十町十和川口62-9 道の駅「四万十とおわ」内

■高知道四万十町中央ICから国道56号線、国道381号線経由(約43㎞、車で約50分)

 

スポンサーリンク

予約方法と料金

・電話番号:0880-28-5554
・営業時間:9時~17時(予約受付時間 9時~16時30分)
・料  金:大人2,500円、子供1,800円(高校生を含む18歳未満)
保険料、消費税込み、団体料金は10%引き
・定 休 日:木曜日(GW、8月中は無休)
・参加条件:身長120㎝以上、体重130㎏未満
中学生以下は保護者の帯同が必要です。

スポンサーリンク

道の駅「四万十とおわ」へ

国道381号線沿いにある道の駅「四万十とおわ」です。ここにジップラインの受付と着地地点があります。

 

前には清流四万十川があります。

 

 

道の駅「四万十とおわ」の向かい、四万十川の対岸にジップラインの出発点のデッキがあります。

 

対岸にあるデッキからこちら側まで約220mあるらしいです。

 

道の駅側にある着地点です。木の切りくずを盛ってクッションにしています。

受付

道の駅の敷地内に受付があります。

 

 

 

 

集合と装備の装着

受付を済ませ、時間が来ると指定場所に集合し、装備を取り付けます。

 

装備はこれです。

 

装備を取り付け中の私の家内です。

 

安全講習

装備を取り付けたら安全講習を受けます。

 

講習を受けたら対岸へ出発です。

 

どうやって対岸へ渡るのかと思ったら、川原から小舟に乗りました。

 

小舟で四万十川を渡る体験はなかなかできません。これは良いですね。

 

川原からデッキまで歩きます。

 

出発までには時間がかかります。その間、ワイヤーに野鳥がとまって小休止。和ましてくれる瞬間でした。

いざ出発~

デッキに着いたら諸注意を受け、いざ出発です。

 

 

 

 

あっという間に着地です。

 

後ろ向きで着地してしまうと、尻餅をつき、うまく着地できないようです。

 

この日、途中で止まってしまった人がいました。

 

係の男性が救助に出発です。

 

両足で挟まれての救助です。被救助者の名誉のため、顔が写っていないコマを使わせていただきました。

おわりに

初めてここへ行って、家内が積極果敢に挑戦しましたが、あとで「やらない方が良かった」とちょっと後悔していました。怖かったようです。

私はというと根っからの高所恐怖症で、最初からチャレンジするつもりはありませんでした。見ているだけでスリルを味わえました。ありがとうございました。

 

妻の感想です。

小舟に乗った時には、三途の川の渡し船に乗った気分で、「もう戻れんのや、戻るにはワイヤーにぶら下がるしかないのや」と思い、そこから恐怖との戦いでした。

デッキに上がってからは、最後にしようと思っていたのですが、どうやって滑車をワイヤーにはめるのか試していたら、偶然にはまってしまいました。はまったら外れないようになっているらしく、飛び降りるしかなくなり恐怖が倍増しました。こわかったぁ~

(Visited 991 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました