高知県の見どころ

高知県いの町の程野の滝/大樽の滝、権現滝、西滝、東滝の4つを紹介

高知県の見どころ
スポンサーリンク

高知県吾川郡いの町清水上分程野の枝川川に注いでいる4つの支流にある滝です。西から「大樽の滝」、「権現滝」、「西滝」、「東滝」と呼ばれている4つの滝を総称して「程野(ほどの)の滝」と呼ばれています。

スポンサーリンク

行き方

国道194号線から「グリーンパークほどの」に行くと、滝の案内地図と駐車場があります。
とりあえず「グリーパークほどの」を目標にしてください。

ここをポチッと↓
グリーンパークほどの

 

ここに行ったらぜひここも見てください。

↓ここをポチッと
にこ淵

 

スポンサーリンク

グリーパークほどの駐車場

滝への行き方は、西滝登山道と東滝登山道の各登り口からも行けるし、東滝上流の森林公園の駐車場から降りて行くこともできます。

現地で、地図をよく見て滝巡りのコースを考えたら良いと思います。

私は、午前9時にグリーパークほどの駐車場を出発し、東滝、西滝、権現滝、大樽の滝を回って駐車場へ帰るコースで約5時間かかりました。

 

広い駐車場です。

 

駐車場の隅にトイレがあります。

 

森林生態学習館という建物です。駐車場の上段にあります。
ここに受付がありますので、ここで地図を貰ってください。

 

貰った地図です。

 

広告

 

スポンサーリンク

駐車場から東滝へ

さて出発します。
車で来た道を少し戻ります。

 

300メートルほど降りると、案内板のあるカーブにさしかかります。

 

ここが東滝への登り口です。滝壺まで1.26㎞と書いてあります。
「わりと近いなあ」と思ったのが大間違いでした。急な上り坂が随所にあり大変でした。

 

この「俳句の道」の石碑が目印です。右側の坂が登山道です。

 

こんな道をひたすら登ります。

 

途中にも案内板があるので、迷うことはないと思います。迷ったら大変ですが。

 

 

 

ここが、東滝の滝壺と水車小屋への分岐です。
後で説明しますが、この水車小屋方向の登山道は、下からのルートは、道が寸断されていて登って行けないようです。

 

西滝と東滝への分岐まで来ました。ここを右に行って、あと、510mです。

 

 

滝上へ行く道と、滝壺へ行く道がありました。

 

 

谷になったところは、こんな風に整備されています。

 

広告

 

東滝

着きました。滝壺からの風景です。

 

 

 

 

滝壺から滝を望んだ後は、滝の上の風景も。

 

ここが(自然の)見晴台です。

 

こんな感じに見えます。

 

貰った地図に書いていますが、林道を車で上げって行くと「東滝展望所」へ行くことができ。そこからだと東滝を上から見られるようです。

 

東滝から西滝へ

あと3つを見なくてはいけません。先を急ぎましょう。

 

途中、東滝渓谷というのがあって、ここを渡ります。ここから、西滝まで1.05㎞とありました。

 

 

渓谷を渡るとまた山道が続きます。

 

 

途中に神社があります。荒神様です。

 

 

西滝

西滝に到着です。
ここも展望所から見ることができます。

 

展望所です。下をのぞいたらゾクゾクッとしました。吸い込まれそうで、眼下の撮影は無理でした。

 

展望所からの西滝の風景です。
紅葉の美しさと相まって「絶景」です。

 

 

西滝から権現滝へ

次は、権現滝です。
ここが、権現滝と大樽の滝方向、西滝と東滝方向、それと駐車場方向への分かれ道です。
駐車場というのは、地図にもありますが「農道程野線」を上がって行き止まりにある駐車場です。
ただ、2台くらいしか駐車できません。

 

 

ここにある表示にも書いていますが、権現滝から大樽の滝までのルートが大変でした。

 

権現滝

権現滝に到着です。水量が少なかったです。

 

 

 

ここで、昼食をとりました。といっても、おむすび二つでしたが。

 

権現滝から大樽の滝へ

ここからが大変でした。遊歩道というものではなく、獣道のような道なき道でした。

 

途中で、「この道で大丈夫かなあ」と思うこと数回、でも「大樽の滝」への案内板がありましたので安心しました。

 

大樽の滝へ行く最後の下り坂へ来ました。ここから、西滝を下ったところにある駐車場まで1.63㎞と書いてありました。戻るとき、「ここから1.63㎞あるかんといかんのか」と思いながら、最後の滝へ降りて行きました。

 

大樽の滝

大樽の滝の上にある渓谷です。先の案内板の所を「大樽の滝」方向へ降りずにまっすぐに行くとここへ出ます。
でも、渓谷だけで滝は見られませんでした。

 

 

案内板に従って下へ降りると小さい滝がありました。

 

この下に大樽の滝があるようですが、ここから滝壺へ行けるルートはないようです。
大樽の滝の全貌を見たいのなら、国道194号線から良く見えるようです。

 

 

大樽の滝から駐車場へ

権現滝から来た大変な山道を、大変な思いをして戻りました。
やっと駐車場への分岐に来ました。ここを駐車場方向へ降りることにしました。

 

こんな道でした。枯れ葉が多いので滑らないように。

 

 

やっと開けたところへ出てきました。

 

民家も見えます。ここが登山道の登り口です。ここの着いたのは午後1時30分ころでした。

 

 

やはり2台ほどしか駐車できません。

 

その先には舗装された道路があります。
道路側から登山道の入口を撮影して、坂を下ってグリーパークほどのへ戻りました。

 

途中に「水車小屋」経由で東滝方向への登り口がありました。

 

 

でも、先へ行った登山道が寸断されているので、ここからは登れなくなっています。

 

さらに下っていくと国道194号線から分岐し、グリーパークへ通じている林道へ出ました。
ここからグリーパークまで1㎞くらいです。

 

やっと戻りました。わが愛車が見えました。

 

まとめ

今回私が登ったルートは、頂いた地図によると「上級者コース」になっていました。私は登山はしていませんが、安物ながら登山靴もどきの靴は持っておりまして、リュックを背負って歩きました。

登山経験者の方なら「釈迦に説法」なのですが、ピクニック気分で行ける場所ではありませんので、もし挑戦してみたいのなら、それなりの登山の準備をして行ってください。そして、現地で地図を貰って確認し、自分の体力を考えたコース選定をしてください。

危険な箇所はたくさんあります。どうか事故がないように。

 

(Visited 2,158 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました