高知県の見どころ

高知県宿毛市の咸陽島公園で見た幸になれる”だるま夕日”

高知県の見どころ
スポンサーリンク

咸陽島(かんようとう)は、11月中旬から2月上旬にかけて見ることができるだるま夕日のポイントです。私、高知県人でありながら「だるま夕日」を見たことがなくて、今回、初めて咸陽島へ出掛けました。「そう簡単に見られない」という前評判をよそに、初めてのチャレンジで幸運にも見ることができました。ラッキーというしかありません。奇跡です。

ここで、だるま夕日を写したのカメラは、iPhone11proです。高性能のカメラに感謝します。

スポンサーリンク

アクセス

高知市内から高知自動車道などを経由して約144㎞(車で約2時間40分)

スポンサーリンク

咸陽島公園の概要

上に写っているのは、「宿毛リゾート 椰子の湯(やしのゆ)」です。公園の駐車場の前には、遊具もあります。

詳しくは、をポチッと。

宿毛リゾート椰子の湯【電話予約最安値】
宿毛リゾート 椰子の湯は、宿毛湾が一望できる絶景の大展望温泉棚湯と檜風呂、そして海山の幸に恵まれた宿毛にある新鮮なお料理で、お客様をお待ちしております。

 

咸陽島公園の海岸です。ここでキャンプもできるようです。

 

 

この日は、向かいの島の方向が日の入りのポイントでした。

 

公園内には、トイレも完備されています。

 

 

トイレには、シャワー室があります。使用料は3分100円です。ただし、温水を使用しない場合は無料です。

スポンサーリンク

日没近くになると

日没近くになると、ものすごく大きな三脚を持った方々が集まり始めました。
その方々が持っているカメラは、800㎜以上の望遠レンズ付きだそうです。

彩雲(さいうん)を見られました

彩雲は、太陽の近くを通りかかった雲が、緑や赤に彩られる現象で、瑞雲(ずいうん)、慶雲・景雲(けいうん)、紫雲(しうん)などともいう。(出典:Wikipedia)

日の入りを待っている間、こんな珍しい景色を見ることができました。地元の方に聞いて初めて知った彩雲という現象でした。

 

 

それは突然でした

日の入り直前です。空が赤く染まってきました。

 

 

それは突然目の前に現れました。太陽が水平線に触れたかと思った瞬間でした。

 

だるまが現れました。

 

 

 

どうですか?素晴らしいです。

 

まとめ

もう一度見に行きます。もっときれいな写真を撮りたくなりました。乞うご期待。

 

ブログ村に参加しています。よろしかったらポチッとお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
にほんブログ村

(Visited 876 times, 1 visits today)
タイトルとURLをコピーしました